大工道具の話      建築用語集
鑿(のみ) 鋸(のこぎり) 鉋(かんな) 差金(さしがね) 墨壷(すみつぼ)
手斧(ちょうな) 玄翁(げんのう) 錐(きり) 砥石(といし) 罫引き(けひき)
大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon

TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

鑿(ノミ)

1.鑿の仕立て−かつらをつくる
 辞書をひもとくと、
鑿(のみ)とは<木材・金属の表に穴をあけたりみぞを掘つたりするのに使う工具。細長い刃と柄から成り、つちで柄頭を打ったり、手で押したりして穴をあけ、または削る> とあります。 

 今日、大工さん達が使用しているノミは辞書に書いてある通り、鉄製の刃に木製の柄がついています。
大昔はノミも鉄だけでできていました。
上の2つが袋型式、下のは現代のコミ方式
鉄だけでできた多烈弥(タガネ)と呼はれるノミは、玄翁(ゲンノウ)でたたいた時、手がしびれたろうと思います。
ノミを握る手へのなじみを良くするために、木の柄がついたのはだいぶ時代も下ってからです。
それも、現在とはちがって袋型式と呼ばれる方法で柄がついていました。

 袋型式は口で説明するのは少し難しいので、右図を見て下さい。
一番下のコミ方式は現代のノミ。

 江戸時代にコミ方式へと改良されました。
しかし、このコミ方式も江戸という都でだけ使用され、地方では明治の初期まで袋ノミが使用されていました。
現在使用されているノミは、下図のような形をしています。

現在のノミの構造
 ノミもご多分にもれず、道具屋から買って来たままでは使えません。
刃と反対側についているのが、カツラと呼はれる鉄の輪です。
ここをゲンノウでたたくのですが、市販されたノミをそのまま使うと、カツラをたたくことになります。

 鉄のゲンノウで鉄のカツラを叩くと、カツラが四方にまくれ返ります。
そのまま使い続けるとカツラが踊ってしまい、最後にはノミ柄を割ってしまいます。
カツラや口金は木製の柄の保護のためにあるのですから、きちんと使えるようノミを仕立てる必要があります。
買ってきたノミのノミ柄からカツラをはずし、丸ヤスリでカツラの内側をまるくします。
 そして再びカツラを戻し、木の部分がカツラより少し顔をだすように調整します。
鉄のカツラをたたかずに、木の柄の部分をたたけば、割れることなく上手い具合いに使えます。
ノミを使う図

 現在ではノミと言って代表されるのは、押入ノミ(オオイレノミ)です。
昔はオオイレノミなどはなく、ノミと言えは大ぶりな叩ノミ(タタキノミ)のことでした。
江戸時代の末期に、とある大工の注文で、仕上仕事専用の華奢なノミを作ったのが、現在のノミの最初といわれています。
それ以来、仕上げ用のノミをオオイレノミと呼び、荒仕事用のノミを叩きノミとして区別するようになりました。

 ノミ柄には口金とカツラの両方が付いて、ゲンノウでたたいて使うものと、
口金だけが付いて手で押し突きして使用するものの二通りあります。
カツラが付いて、叩くように作られたものは、柄が細めの方がゲンノウの当りが良く、思ったより軽めのゲンノウで穴掘りができます。
重いゲンノウを使うより、ノミの調子がとれ、仕事をしていて体にこたえることが少なく、仕事が思うように運ぶようです。

 ノミは刃物ですから、研がなければなりません。
一寸(3センチ)以下の巾が狭いもの、つまり、ゲンノウでたたいて使用するのは30度に研ぎます。
一寸八分(5センチ)とか二寸(6センチ)とか言った巾広のもの、突いてサライに使い、叩いたとしても軽くたたいて使うものは28度に研ぎます。
 ゲンノウでたたくノミは大きな力が刃先にかかりますから、鈍角に研ぎます。
突いて使う口広のノミは手の力だけしか入りませんので、刃先が薄くても良いのです。
ですから、鋭角に研いだ方がよく切れるわけです。

 ノミの種類は目的別に作られるので、きわめて多く、簡単にノミの種類を列挙します。

ノミの種類  
大入れ鑿のセット       道具曼陀羅より

★叩きノミ ‥‥‥ 構造材兼壁下地の貫の穴ほりや柄穴をほるのに使用され、長さも長く肉厚です。最近では機械によって穴が掘られるため、ほとんど使用される事がありません。
★半叩ノミ ‥‥造作兼用。主として関西地方で使用され、関東では見かけません。
★押入ノミ ‥・・造作や細かい仕事用。5厘、*1分、1分5厘、*2分、2分5厘、*3分、3分5厘、*4分、4分5厘、*5分、*6分、7分、*8分、9分、*1寸、*1寸2分、*1寸4分、1寸6分、1寸8分、2寸とありますが、通常*印の十本が組になって市販されています。
★向待ノミ ‥‥建具、指物、家具職人によつて使用され、正確に深い穴を掘るのに使われます。
★ツバノミ ‥・・刃先の長い向待ノミで、大きな門戸の建具の框に柄穴を掘っていて、叩き込んだノミがぬけにくくなった時、このノミの凸部(ツバ)を打込とは逆に打上け、ノミを抜く様にして使います。ウチギリとは別種である。
★丸ノミ(外丸)・・‥丸太細工に使用され、明治30年代に押入丸ノミも作られるようになった。建具に戸車が用られるようになると、レール丸ノミも登場します。レール作里(しゃくり)飽は、ノミができた後に作られたものです。
★丸ノミ(内丸)・‥・内丸、外丸とも建築以外に彫刻等にも使用されます。
★ツキノミ・・‥ ゲンノウでたたかず、手の腹で押して使用します。穴の脇のサライ等のなかの仕上げに用います。
★シノギノミ ‥‥ ツキノミの一種で、蟻溝の斜の部分にも隅までノミが届くよう断面が三角になっています。
★コテノミ・・‥ 左官ゴテのように柄と刃が段違いになって、長い蟻溝の底サライに使用します。
★大ツキノミ ‥‥梁の仕口穴をサラう時に使います。現在では社寺関孫で使われるだけで、一般の大工は使用しません。
モリノミ・底サライノミ・カマノミ・打抜ノミなどがありましたが、今では使われていません。

1.鑿の仕立て−かつらをつくる

大工道具の話の目次へ戻る