建物を取り壊したとき

建物を取り壊した、火事で焼失した場合など
登記簿上も建物がなくなったことを記録したほうが良いでしょう
建物の滅失登記といいます
建物の滅失登記も、「タクミ ホームズ」が設計・監理していれば自動的に進みます。
もちろん委任状をいただきますが、特別の手続きは不要です。
具体的な作業は、下記のような手順で進みます。
「タクミ ホームズ」に相談・依頼
土地家屋調査士が法務局で調査
(公図、登記簿、地積測量図、隣地関係等を調査)
現地調査
登記申請書作成
登記申請
登記完了証受領
依頼者に引渡し
完 了
では、料金はどのくらいかかるのか。

広告
「測量と登記」へ戻る