敷地の境界や面積を知りたいとき

 私が所有している土地は、お隣との境界がはっきりわからない
 土地の境界標がない。ブロックはあるがどこが境界かわからない
土地の面積が、どのくらいあるかわからない
では測ってみましょう=測量すればいいのですが、
土地は必ずお隣さんと接しています。
ほんとうの境界はどこだろうか。
ブロック塀の芯か、
それともブロック塀は、我が家でたてたのだろうか?
そこでお隣さんと協議が必要になります。
個人情報保護の厳しくなった昨今、土地という財産をめぐるこの協議がたいへんです。
協議がまとまれば、筆界確認書をとりかわして、地積測量図をつくります。
具体的な作業は、下記のような手順で進みます。
「タクミ ホームズ」に相談・依頼
土地家屋調査士が法務局で調査
(公図、登記簿、地積測量図、隣地関係等を調査)
国県市区町村の公有地(道路・水路等)調査
現地予備調査(現地を確認調査する)
現地立会
民々境界
隣接する土地の所有者と
現地の境界について
確認立会をする
官民境界
分筆登記を申請する土地に
隣接する道路・水路等の管理者と
当該土地に関係する土地所有社との
立会をする
双方の合意、協議が成立
測量
図面作成
依頼者に引渡し
完了
では、料金はどのくらいかかるのか。

広告
「測量と登記」へ戻る