設計監理契約書

 下記は、「タクミ ホームズ」が使っている契約書です。

         建築士事務所の業務委託契約書

建築主         ○○ ○○○                   を甲とし、
受託者  (株)匠 総合事務所 代表取締役 永山裕 を乙とし、両者のあいだに、次のとおり契約する。

第1条 甲は、 <建築する場所>  における、   ○○邸改修工事につき、
    1 計画および設計  2 工事監理 の業務を乙に委託する。
第2条 前条でいう工事の範囲は、下記のとおりとする。
    1 建築工事及び設備工事
    2 外構工事(場合によって) 
第3条 甲は、乙の業務遂行に必要な事項を、すみやかに乙に提示する。
     乙はこれに より、各業務を必要な時期内に完了するように、最善の努力をする。
第4条 乙は、第1条にさだめた業務を、下記の期限内に行う。
    1 設計業務  着手の日より    年  月  日まで
    2 監理業務  工事着手より竣工・引き渡しまで
第5条 第1条の業務の報酬は、当該工事費に10%を掛けたものとする。
     甲は、それを次のように支払う。
    1 契約時              ¥  ○○−
    2 設計終了(着工)時       ¥  ○○−
    3 完了検査後           ¥  ○○−
第6条 下記の業務に要する費用は甲が負担する。
    1 甲の依頼によって、測量、地質調査、電波障害の調査、完成予想図や展示
     模型の作成など、特別の専門家による業務を委託するときの費用
    2 乙が、甲の同意を得て、この業務に関して出張するときの費用
第7条 甲は、乙がその業務を完了する以前において、乙の業務の中止または契約の
      解除をすることができる。ただし、甲は乙に対して、業務が終了した部分の
      報酬を支払わなければならない。
第8条 甲は、乙がその業務に着手した後、全体計画に大きな影響を及ぼす変更を求
      めるときは、その設計変更によって増加した業務に要する報酬を払わなけれ
      ばならない。
第9条 当事者の一方が契約を履行しないときは、相手方は契約を解除することがで きる。
第10条 乙の作成した図面及び仕様書は、本契約による工事に限定される。
第11条 完成した建物を発表する権利は、甲乙ともに所有する。
第12条 乙が提供する成果物は、建築確認申請に必要な図面の他、展開図・建具表ほか
     施工に必要な詳細図および設備図とする。
第13条 この契約に記載してない事項については、甲乙協議のうえ定めるものとする。
第14条


                                           年  月  日


      住所      ○○○○○○○○○○                       
甲    氏名           ○○ ○○○                     

      住所            港区南青山2−15−11 西南マンションズ201号
乙    氏名              (株) 匠 総合事務所  代表取締役 永山 裕

広告
設計の手順と進め方へ戻る