サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjunトップページへ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.32 引渡し

 日曜日の午後、さんたちにこの家を引き渡した。
さんたちは、建築中から何度も現場に来ていたし、終盤では施工にも参加した。
また、完全な竣工を待たずに登記をしたので、書類関係もすでに渡してしまっている。
そのため、改めて<引渡し>をするまでもない。
それでも、引渡の儀式は、やらなければならない。

玄関扉も養生を剥がされた。 2階の窓にはすべてカーテンがついた。
玄関のタイルもさんの施工。
 引渡の午前中、クリーニングが終わった。
クリーニング屋さんと入れ替わりに、建物の外部や内部を点検してまわる。
と同時に、機器類の使い方を説明する。
そして、残ってしまった仕事を確認する。
1.外部インターホンの位置をなおすこと。
2.サッシの枠に傷があったので、枠の交換をすること。
以上の2点が残工事である。

 地下の駐車場への照明工事ができなかった。
というのは、駐車場を造るときに、配管をつぶしてしまっており、電線が通らないのだ。
これは宅地造成の工事の時のもので、土地を分譲した業者の責任である。
しかし、引渡し前日に配管の改修工事も終わって、電気がつくようになっていた。
2階の洗面所

 引渡を待たずに、すでに引っ越しの荷物が運び込まれている。
室内には段ボールが山積みになっている。
まだ荷物が到着する。
洗濯機を運び込んだり、段ボールを2階に運んだり、ボクもちょっとだけ手伝いをする。
さんたちの両親も手伝い、建築の時とは違った慌ただしさである。

 そんななか、引っ越しはちょっと休憩してもらう。
完成時や中間検査時の検査済証の原本、地質調査の報告書や地盤改良の保証書、コンクリートの調合書をわたす。
次に、ヨネクラ工務店のほうから、機器類の保証書や材料の出荷証明など分厚いファイル1冊と、工事中の写真集を1冊をわたす。

 去年の5月頃から始まったサーファープロジェクト、ここで完了です。
1200万円で家をつくる約束は、何とか守れたのではないかと思う。
60万円ほどの追加工事が発生したが、これはさんたちの希望で外壁のグレードアップが17万円あり、他にもちょっとグレードアップがあった。
また、タイルや珪藻土の材料費などが発生したが、これは予定のうちである。

 すでにカーテンなどもとりつけてある。
照明器具も付いているし、ガスの開栓も進行中である。
いま引っ越しの荷物が運び込まれているので、今日からここで生活ができる。

 お金の精算といった話も無事に終わり、すっかり引渡の儀式が終わった。
去年の5月から始まったサーファープロジェクトも、とうとうボクたちの手を離れる。
いろいろと軽業的なこともやったが、無事に引き渡せて本当によかった。
11ヶ月間、長いようで短かった。

 別れ際に、さんたちからクッキーをもらった。
6ヶ月後には点検があるので、またお邪魔することになる。
その時には、どう変わっているだろうか。
楽しい生活が営まれますように。
   −了−
 (2010.4.5)

〈タクミホームズ〉のトップへ戻る