サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjunトップページへ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.31 最後の仕事

 完了検査では、24時間換気のスイッチ・プレートを指摘された。
建築主のさんたちが塗装をした直後だったので、スイッチ・プレートを付けない状態で検査を受けた。
そのため、24時間換気用の<常時換気>という表示がなかった。
翌々日、下の写真をメールで送ると、検査済証が発行された。 

24時間換気のスイッチは少し大きい。 外部に付けた洗い場付きの水道
床板も張り上がって、養生シートもはずした。
 現場は順調に引渡しに向かって、最後の仕事を進めている。
2階の塗装も1階の珪藻土も、さんたちの手によって立派に仕上がった。
ぜひ、さんのブログ<junjunを読んでいただきたい。

 土曜日には、監理者がこまごまとしたあら探しをやって、駄目仕事を指摘した。
監理者とは因果な職業である。
図面と合っているかチェックすると言うが、実際はもうケチを付けるようなものだ。
色むらがあれば塗り直しというし、曲がっていればやり直しである。
いくら建築主の代わりだといっても、細かい指摘に施工者はうんざりだろう。
しかし、今回は丁寧に打合せをしてきたことと、塗装や珪藻土をさんたちが施工したので、施工者への指摘はほとんどなかった。
 
トイレ前の手洗い

 ボクは土 地家屋調査士でもある。
建物が完成すると表示登記をする。
完成した住宅は<主たる建物>であり、地下車庫は<附属建物>ということになる。

登記するには、建築主がどのようにして所有者になったかを証明する書類が必要である。
多くは、施工者の引渡証明書、印鑑証明書、資格証明書、それに代金支払いを示す領収書などが、所有権証明書となる。

 住宅部分の所有権証明書は、請負者であるヨネクラ工務店から発行された。
今回の敷地は、宅地造成された状態で購入した。
その時にはすでに、車庫がトンネル状に完成していた。
そのため、車庫の所有権証明書がないのだ。

 登記所から電話がかかってきた。
「附属建物の所有権証明書を付けてください」と、電話は言う。
開発で車庫が造られた状態で、土地を買ったので、ないんですよ」と、ボク。
「開発業者から何か証明書をもらってください」と、登記所は言う。

 土地と一緒に車庫も売ったという<確認書>を貰えないか、と開発業者に電話する。
なかなかウンと言わない。
ずいぶんと横柄な態度である。
こちらはお願いする立場だから、平身低頭するばかり。
ボクが<確認書>をつくってファックスで送るから、社内で検討をしてもらえないか、と頭を下げる。
しばらくすると、恩着せがましく渋々ながら、承諾したとの電話があった。

 今日、もってこいという。
<確認書>を開発業者に届ける。
若い担当者は、できあがったら電話をするという。
急いでいるのだといっても、出来たら電話をすると、木で鼻をくくったような返事。
それでも、翌日には電話がかかってきた。
随分とイヤミを言われて、<確認書>が手に入った。
これを登記所にもちこんで、OKということになり、登記も完了した。

 いよいよ、今度の日曜日に引渡しである。
 (2010.3.25)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る