サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjunトップページへ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.30 ほぼ完成

 今までは仮設の電気を使ってきた。 
正規の電気に切り替えることを受電というが、これも終わりいよいよ完成である。

建築主さんたちの労作の結晶、厨房廻りのタイル張り。白いタイルがまぶしい。右はモデルになった厨房。
2階の洗面脱衣所。
 建築主さんの施工参加は、大成功だった。
事故もなく、タイルはキレに張り上がった。
さんたちも大満足のようだ。

 さんたちが施工する部分は、あと2ヶ所ある。
2階の室内壁の塗装である。
石膏ボードを張って、パテシゴキといって、ボードの継ぎ目処理と、凸凹を平滑にする作業まで、請負者のほうで行う。
右下のような状態で、さんたちに引き渡すのだ。
 
塗装前の状態で引き渡す

 下地まで仕上がった壁に、さんたちが塗装する。
何ごとも準備が大切で、段取り8分というように、段取りが終われば仕事は完成したも同然である。
塗装はまず、塗料が付いてはいけない部分に、マスキング テープを貼ることから始まる。
写真では分からないが、すでにマスキングテープが貼り始まっている。
そして、念のために、パテ部分にサンドペーパーをかけて、平にする。
すでに塗料も買いこんで、さんたちは準備万端である。

 もう一ヶ所、1階の壁の珪藻土も、さんたちが施工する予定である。
これは多分、ボクたちも参加することになりそうで、来週の作業だろう。

 週明けには、確認検査機関の完成検査がある。
建築主が施工している現場など、めったにないので、検査官は驚くだろう。
これでは完成していないと言うかも知れないな、などと妙な心配をする。

 銀行融資の絡みもあって、完成検査を待たずに登記することにした。
住める状態になれば、建物の新築登記はできる。
今の状態なら、完全に建物といえるので、不動産登記法上も問題ない。
ということで、今日、登記申請書を投函した。
 (2010.3.14)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る