サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjunトップページへ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.29 建て主の参加

 サーファー・プロジェクトも、いよいよ完成に近づいてきた。 
外部足場も取れて、ベランダも付いた。

雨の降るなか、現場の片付けがすすむ。最近では、ゴミ捨ての費用が多大になってきた。
建築主の夫人によるタイル張り。
 近々、建築主さんのブログ<junjun>にも上がると思うけれど、いよいよ建築主が施工に参加した。
−ブログ<junjun>の<とうとうこの日がやってきました★>をご覧下さい。−
すでに基礎とヘルスコートのところで、さんたちがヘルスコートを施工していた。
だから、建築主の参加は、今回が初めてというわけではない。
しかし、職人が働いている現場で、職人と一緒になって施工するのは初めてである。

 (Sさん、ごめんなさいね、ちょっと本音を)
建築主は労災の適用範囲外だし、もし、怪我でもされたら一大事である。
本当のことを言うと、建築主の施工参加は必ずしも歓迎することばかりではない。
しかし、建築主が自分の足跡を、自分の建物に残すことは、大きな思い出になるだろう。
そう考えたので、今回は建築主であるさんたちの参加を歓迎することにした。

 第一回目は、タイル張りである。
タイルを張ること自体は、それほど難しくない。
問題は、タイルを張るまでの段取りである。
タイルに半端が出ないように、張る面の大きさを決めることが難しいのだ。
1枚のタイルで、きちんと張り切れるように、張る面の大きさを決めることを、タイル割というが、このタイル割りが厄介なのだ。

 みな同じように見えるタイルだが、角に来るタイルは役(曲)物とよばれ、平のタイルとはちょっと形が違う。
出隅に使うタイルは、触っても痛くないように、1面にアールが付いている。
角になる部分は、直角の2面にアールが付いている。
こうした形の違うタイルを、目地幅でうまく調節しながら張っていくのだ。

 最初のうちこそ、戸惑っていたさんたちだが、1時間もすると要領が判ったらしい。
じょじょに調子を上げて、鼻歌交じりに仕事を進めていた。
台所廻りのタイル張りも、4時過ぎには先が見えてきた。
あと1日あれば、充分に余裕で完成する。

 タイルが張れないと、流しのシンクが付かないし、蛇口もつかない。
また、ガス・カランも付かない。
そのため、建築主の都合を、工程に合わせるのが厄介だったが、それも大丈夫。
週明けには、職人たちが入っても、タイルはばっちり完成している。
とても楽しそうなさんたちで、建て主の参加は大成功だった。
翌日は、ちょっと身体が痛いかも知れないが、お疲れさまでした。

 大工仕事のほうは、建具を建てこむだけになってきた。
今回の建具は、ネットで注文した。
さんのブログ<junjun>で<かっ可愛い〜♪♪>と紹介されているものだ。
これも、 さんたちのコダワリが見える。
この建具に、これまたネットで見つけたドア金物をとりつける。
階段の手摺りも付いたし、建具が付けば、大工仕事は完了である。
あとは内装屋とか、電気屋とか、水道屋などの職方が、仕上げ工事をしていく。
 (2010.3.7)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る