サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjunトップページへ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.28 階段と屋根際

 階段が設置されて、木工事は先が見えてきた。                                      
階段もいまはプレカットである。
図面を送ると、工場で寸法どおりに加工されて、現場に搬入される。
大工さんは組み立てて、取りつけるだけだ。

踏み面を230ミリで設計したが、225ミリ位のほうが良かったかも知れない。
縦伸ばしの細工。
 鴨居方立てなど、2つの部材が取り合うとき、多くの職人は互いに45度に切って納める
45度に納める仕事を、留めというのだが、ボクは留めが好きではない。
木は縮むので、留めは後日、どうしても内側が空くのだ。
そこで、左の写真のように、ボクは縦伸ばしという納まりにしている。

 むかし、電気の丸鋸がなかった時代、留めは手間のかかる仕事だった。
内側が空かないように、表面から見えない内側に丁寧な細工をしたものだ。
しかし、現代では押し切りという電気丸鋸で、45度にいっぱつで切断してしまう。
そのため、内側の細工がなくなってしまった。
留めの内側の細工を要求することは、現代では不可能である。
逃げ仕事かもしれないが、ボクは後日空くことの少ない縦伸ばしをつかっている。
 
 

 右の写真は、壁の頂点、つまり屋根との境である。
この建物は、軒の出がまったくない。
そのため、雨水が屋根と壁の繋ぎ目から、浸入しないとも限らない。
No.25 細かいところ−Uでも書いたように、軒先廻りには神経を使っている。

 壁下地の透湿シートを、ブチルゴム・テープで固定したのだが、それだけだと壁内の空気の逃げ場がなくなってしまう。
そこで、屋根葺き材を壁面まで折り曲げるが、その隙間にイーヴス・ベンツという換気材を挟むことにした。
イーヴス・ベンツは空気は通すが、水は通さないという部材である。
これで空気の逃げ道を確保している。

 外部も徐々に完成に近づいている。
おそらく今月中には、足場も取れるだろう。 
 (2010.2.21)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る