サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.24 細かいところ−T

 現場はゆっくりだが、確実に進んでいる。
外部も透湿シートという物が張られた。
透湿シートとは、水は通さないけれど湿気は通すというもので、ゴアテックスのようなものだ。
自然素材も良いけど、新製品の良さもある。
ネットに隠れているけど、シャッターが付いています 透湿シートを貼ったので、次はサイディングを張る
ユニットバスを下から見たところ
 雨仕舞いと水漏れ対策、これは簡単なようでなかなか難しい。
むかしは風呂場は1階と決まっていた。
しかし、ユニットバスが普及してきたので、2階にも風呂が作れるようになった。
この家でも、風呂場は2階である。
水漏れがないように、細心の注意をしている。

 最近の住宅は、断熱性能が上がるとともに、気密性が高くなってきた。
そのため、ちょっと隙間があると、そこから浸入する風がひどく気になる。
また、隙間から室内の湿気が、壁内の断熱材へと浸入してしまう。
隙間は困ったものだから、極力ふさいでいく。
スイッチ・ボックスのプラ・ケース
給気口の向こうは外部
建築主さんのブログjunjun

 コンセントやスイッチ廻りは、隙間ができやすい。
今回、この部分には木製の箱を入れるつもりだった。
しかし、ヨネクラ工務店はすごい。
コンセントを囲むプラスティック製のボックスを用意していた。
これにコンセントやスイッチ・ボックスをいれて、テープで止めてしまうのだ。
これで室内の防湿層が破られない。
脱帽です。

 次は給気口である。
右の写真は給気口だが、給気口は壁を貫通している。
そのため、プラスチックのケースに収めるわけにはいかない。
そこで、断熱材のビニールと、給気口をブチルゴムのテープで止めてしまうのだ。
もちろん、外部もテープ止めである。
これは前回のサッシ廻りと同じである。

 室内はあらかた石膏ボードも張り上がり、部屋らしくなってきた。
今後、トイレの間仕切りや階段などが、ついていく。
 (2010.1.25)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る