サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.23 新年を迎えて

 謹賀新年。
建築業界の仕事始めは、かつては新年の7日と遅かった。
しかし、最近では普通の会社なみになって、5には仕事を始めるようになってきた。
去年は、何とか外回りの区切りをつけて、1年の仕事を終えた。  
今年は、サッシにシャッターを取りつけることから仕事が始まった。

ネットに隠れているけど、シャッターが付いています 室内には影響がないので、外壁に防蟻剤をぬった
サッシ廻りの防水処理。写真を撮るために剥がしたところ。
 外壁の仕上げには、何よりも雨仕舞いが肝心である。
サッシ廻りから雨が入り込まないように、サッシの廻りにプチルゴムテープを貼る。
これにも貼り方があって、下から貼って、次に両脇、そして最後に上部と貼っていく。

水は上から流れてくるので、流れと反対から貼っていくのだ。
サイディング貼られてしまえば、見えなくなってしまうが、こうした下地処理をしっかりやらないと、雨対策にならないのだ。
 
スタンプが構造用合板の証明印
建築主さんのブログ<junjun

 この建物は、筋違構造用合板で構造を支えている。
そのため、構造用合板の種類も指定されているし、釘の種類も指定されている。
構造用合板は、9ミリの特類、釘はN50である。
しかし、釘の打ち方も、その間隔が10センチ以内と指定されている。

 現代では、釘打ちは機械でやる。
釘打ち機はいとも簡単に釘を打ってくれるので、昔のように1日中玄翁を振らなくても済む。
ここまで来ると、外壁も大工の手を離れて、他の職人にまかさられていく。

 室内も徐々に仕事が進んで、電気屋が配線を始めた。
室内の話は、また次回に。

 新年初の打合せのとき、建築主のさんから、お年賀を頂いてしまった。
工事中の家に絵馬を飾って、お正月を祝ったとか。
新しい家にかけるさんたちの熱意が伝わってきて、今年もしっかりやらねばと、兜の緒を締めました。
 (2010.1.12)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る