サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.20 屋根と筋違

 上棟(式)も無事に終わり、外部には足場ができた。
図面通りにできているか、巻き尺を垂らして建物の高さを確認する。
5センチ内側である。
大丈夫、斜線制限から突出していない。

屋根を見ると垂木が入り始めた。
2階の床下を見る。
 現場はいつもの仕事に戻っている。
上棟には大勢の人手が必要だったが、いまでは大工さんが1人でコツコツと仕事をしている。
上棟後の仕事は、まず屋根廻りをきめることである。
ふつうの屋根の作り方では、垂木母屋のうえにのるだけである。
そのため、垂木は釘と捻り金物で固定される。
しかし、この現場では、桁に彫り込んでいくので、がっちりと固定されていく。
彫り込まれて固定されるので、捻り金物は不要である。

肘木をつかった母屋と垂木の納まり

右の写真を左に拡大した。
中央を斜めに横切っている白い部材が母屋である。
母屋に左からぶつかっているのが垂木である。

 白い矢印の先を見て欲しい。
両者の上端が、そろっているのが判るだろうか。
ふつうは垂木が母屋のうえに載っているから、垂木の下端と母屋の上端が同じ高さになっている。
こうしておけば、金物に頼らなくても済むのだ。

 中央を斜めに横切っている白い母屋は、写真の中央で、2本の材料がつながっている。
この繋ぎだけだと、力の伝わりに不安がある。
そこで、母屋の下に肘木という部材を入れたのだ。

 上棟から1週間、建築主のさんたちも、足繁く現場に通っているらしい。
さんの<JunJun>のブログも好調です。
建築主が見ていてくれるというのは、とても気持ちの良いことである。

 さて、監理者としてのボクは、週に1回の定例打合せを現場でやっている。
そのときに問題点の解消や、施工スケジュールの調整をしている。
また、建築主の希望などをいれて、仕様の変更もしていく。
現場が始まっていると、ちょっとした変更もすべて工事費に跳ね返ってくるので、慎重な検討が必要である。

屋根に野地板が張れて、右のロフトがわかる。
ロフト部分をみる。
 上棟後、2週間たった。
屋根の垂木も固定され、その上に野地板が張られた。
そして、野地板の上にアスファルト・ルーフィングという防水紙が張られた。
これで雨は漏らなくなったが、まだ壁が付いていないので、横からの雨にはお手上げである。

 屋根に決まりが付くと、つぎは間柱(まばしら)筋違(すじかい)をいれる。
間柱は壁の単なる下地だが、筋違は構造を支える部材である。
そのため、筋違の端部を固定するには、それぞれ決まりがある。
かつては柱や桁を欠き込んで固定したが、最近では金物で固定するようになった。

 どちらが強いのだろうか。
丁寧な仕事がなされていれば、昔風の柱と桁を欠き込んで固定するほうが強固だろう。
しかし、住宅金融公庫フラット35などの仕様書では、金物を使うように書かれている。
金物で固定しておけば、住宅金融公庫などの検査を無条件でとおる。
そのため、金物で固定する例が多くなってきた。
この現場も、金物で固定している。
柱への筋違の固定


 今年の10月から、住宅瑕疵担保保険が義務づけらた。
金物が付いているか否かは、外見を見れば簡単にわかる。
検査員たちは、彫り込んだりする大工仕事が見えないので、金物が付いていればOKとなる。
そのため、ますます金物で固定する例が多くなるだろう。

 ところで、現場に積んでおいた断熱材が盗まれてしまった。
日曜日は仕事が休みで、誰も現場には行かない。
そのせいか、月曜日に職人が現場にでると、断熱材がなくなっているのに気づいたという。

 現場から物が盗まれる話はときどき聞くが、この現場でも盗難がおきたとは!!!

 (2009.12.10)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る