サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.16 配筋とコンクリート打設

 前回では、基礎の下に捨てコンを打った。
その上には、鉄筋を組み立てていく。
型枠をたて、鉄筋が敷き並べ終わったところ
拡大写真:鉄筋の下には、防湿シートが敷かれている
給排水用のスリーブを設置した状態


 鉄筋コンクリートというように、鉄筋とコンクリートとが一体となって、耐力を発揮する。
そのため、施工者は設計図にしたがって鉄筋を組むのだ。
かつては現場で鉄筋を切ったり曲げたりしていたが、いまでは工場で指定寸法に加工されて現場に搬入される。
完璧な完成体ではなく、部分部分に分けられて搬入されるので、それを現場ではつなぎ合わせるのだ。

 右上の写真は、型枠をたてて、鉄筋を組み終わったあとである。
鉄筋の下に、ビニールシートが敷かれているのが分かるだろうか。
右下の写真では、鉄筋のしたに土が見えずに、ビニールが見えるだろう。
このビニールが地面から上がる湿気を防ぐのである。
右下の拡大写真では、分からないかも知れないが、すでに裏側にはびっしょりと水滴がついている。

 コンクリートを打ってしまえば、コンクリートが防湿の働きもしてくれる。
しかし、防湿シートは安いものだから、念のために敷き込んでおくのである。
現場にでた監理者は、指示どおり防湿シートが入っているか確認し、鉄筋の間隔を確認する。
そして、鉄筋の継ぎ手の長さ(直径の40倍)が充分にあるか、鉄筋が垂れ下がっていないか、ビニールに付いていないか等など、細かいところをチェックしていく。
コンクリートを打てば見えなくなってしまうので、ここはかならず見ておかなければならない。

 最近の施工者は、きちんと仕事をする。
手抜きをしようなどと考える、不埒な施工者は少ない。
みみっちい手抜きがバレて、やり直しになったら、かえって高いものにつく。
また、完成後に手抜きがバレたら、トンでもない損害賠償が請求される。
結局、決められた通りに仕事をしたほうが、安上がりなのだ。

 台所から、トイレから、洗濯機からと排水管がある。
建物の外周には、基礎が立ち上がっているので、内部の排水管類は基礎を貫通して外部へでることになる。
また、水道・ガスなどは、基礎を横断して建物の中に入ってくる。
こうした横断箇所は、図面に印してあるので、その場所には右下の写真のように、あらかじめスリーブをいれておく。
こうしておけば、ここだけはコンクリートが入らないので、配管がスムーズにできるというわけである。
ちなみにスリーブを入れるのは、水道屋さんやガス屋さんの仕事である。

ベース コンクリート打設後
ベース コンクリートの上に、型枠をたてる
手前の長いボルトがホールダウン金物
 ベース コンクリートの打ち上がった左の写真を見て欲しい。

 コンクリートの性能は、細かくいうとそれだけで1冊の本ができるほど、複雑でやかましいものだ。
しかし、木造住宅の基礎であれば、スランプを確認する程度で充分だろう。

 コンクリートは工場で練られてミキサー車で運ばれてくる。
そのため、工場にスランプを指定して、現場に搬入してもらう。

 普通はスランプ18〜21を使うことが多い。
本当は、もっと硬い(=数字の小さな)コンクリートを使いたいのだが、スランプ15だと硬くて、施工性が悪いのだ。
だから多くは、柔らかいコンクリートを打っているのが現実である。
現場で、と話していたら、スランプ15のコンクリートを打つという。
なかなかコンクリートにうるさい。 
この頭なら、任せても大丈夫だろうと、ベース コンクリートの打設には立ち会わなかった。

 ベース コンクリートのうえに型枠をたてて、立ち上がりを作る。
立ち上がりに、アンカーボルトホールダウン金物を設置していく。
型枠のあいだにコンクリートうって、ボルト類を固定する。
このボルト類が、上の建物を固定するのだ。
そのため、ボルト類の設置は、位置や長さなどを正確に施工しなければならない。

 アンカーボルトは、2メートル間隔以内を原則とする。
土台は、1本の材料では届かないので、継ぎ手がある。
継ぎ手の上になるほう、つまりオスのほうに、アンカーボルトを設置する。
この頭は、1メートルピッチくらいに入れている。
彼も過剰設計ならぬ、過剰施工になっている。

 ホールダウン金物は柱に取り付くので、位置が特に重要である。
柱から離れすぎると、ホールダウン金物の効きが悪くなるので、寸法を確認する。
コンクリートの中に隠れてしまう部分は、あとで確認できないので、写真を撮っておく。

 金物類をセットすると、立ち上がり部分のコンクリートを打てば、もう基礎は完成である。
コンクリートを打ったら、しばらく放置して、型枠を外す。
そして、土台敷き、上棟へと仕事は続いていく。

 (2009.11.17)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る