サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.15 根伐り(ねぎり)

 ここからは、設計という紙のうえの作業から、現場での施工の工事監理になります。

 基礎の下半分は、地面の中に入っている。
そのため、基礎を作る仕事は、土を動かすこととコンクリートを打設することが主になる。
溝状に根切りが進み、捨てコンを打ち始めている
捨てコンの高さを揃えるために、馬鹿棒ではかっている


 根伐りは今まで平だった敷地を、図面の指示にしたがって、基礎の骨である(=地中梁)がはいる部分を、溝状に掘ることから始まります。
この建物は、耐力壁が建物の外周部に集中しており、外周部を中央でつないでいる。
地中梁は耐力壁の下に設けるのが原則である。
そのため、地中梁が形作られるると、日の字のような形になる。
それが右の写真の中央と外周部である。
人の立っている部分が、一段低くなっているのがわかるだろうか。

 この一段低くなっている部分の下には、地盤改良で打った杭がある。
杭の上に、鉄筋やコンクリート用の型枠を組んでいくのだ。
鉄筋を並べるにも型枠を立てるにしても、位置を決めなければならない。

 地面の上には、直接に印を付けることができない。
そこで、地中梁の部分には、コンクリートを打って、ガイドのを打てるようにする。
このコンクリートは地中梁そのものではないので、捨てコンとよび墨を打つためのものだから薄くて良い。
右下の写真が、捨てコンを均しているところである。

 地中梁以外の部分は、地面より20センチだけ下がるので、全体に20センチばかり鋤とる。
普通のベタ基礎だと、床付け面というこの部分が、建物を支える地盤となる。
しかし、今回は杭を施工してあるので、杭が荷重を支え、床付け面は荷重を担うことはない。
それでも、この部分にも鉄筋が敷かれるので、きれいに均しておく必要はある。
幸いにも、好天が続いており、土がぬかるむことなく足場も良い。

 地面を鋤とったり掘ったりすると、掘り上がった土の処分に頭を悩ます。
産業廃棄物の処理が厳しくなったので、どこでも土の処理には神経質になっている。
ここでも場外搬出といって、不要な土は産業廃棄物として、中間処理場までダンプカーで運んだ。

 最近は、建築業界にも女性たちが進出してきている。
ボクの事務所にも女性の所員がいたし、もう男性だけの聖域ではなくなってきた。
前の現場では、コンクリート ミキサー車の運転手が女性だった。
しかし、土とコンクリートを扱う鳶職には、まだ女性をみたことはない。
機械が入ってきたとはいえ、この仕事は力仕事なので、女性たちには厳しいのでしょう。
ますます機械が小型化しているので、女性にも鳶職になってもらいたいものだ。
 
 この敷地は、道路と3メートルの段差があるといってきた。
3メートルの段差をこえて、人力でコンクリートを上げるのはキツイ。
人力と機械力では、もう比較にならないくらいに、機械は威力を発揮する。
男たちも、力仕事はなるべく機械に頼りたいのだ。

 下の道路にコンクリート ミキサー車を横付けし、大きなバケツで生コンを吊り上げる。
それが左上の写真です。 
このバケツは下が開くようになっており、上から生コンを入れて、その場所にきたら下から生コンをはき出す優れものである。
コンクリートを大量に打つときは、ポンプ車をつかうが、捨てコンは使用する量が少ないので、こんなバケツでもOKである。
ほんとうに便利になったものだ。

 たちまちコンクリートを打ち終わった。
コンクリート ミキサー車はさっさと帰っていく。
ところで、コンクリートの汚れを取るために、現場でミキサーを洗いたがる。
そうするとコンクリート滓が下水に流れ込んで、詰まってしまう。
それは厳禁である。

 根切りが終わり、捨てコンも打ち終わった。
1日たって、コンクリートが乾けば、このうえに墨をうっていく。
そして、墨にしたがって型枠をたて、防湿シートを敷いて、鉄筋を組んでいく。

 捨てコンが打ち終わったので、今日の仕事は終了である。 

 (2009.11.13)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る