サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.10 建築確認申請

 建築をするには、建築確認申請をしなければならない。
かつては区役所や市役所の建築指導課の役人が、すべて審査していた。
許認可権をもつと、人はああも傲慢になるのだろうか、といつも疑問に思っていた。
緩和規定を使うと、建物は赤い点線を越えられる

 
 最近、民間の確認検査機関ができてきた。
民間の検査機関は、役所とおなじ業務をおこないながら、はるかに紳士的である。
役所と違って、12時から1時まで業務が休みということもない。
審査料金は、やや高いものの、格段にサービスがいい。
(自治体が¥18、000にたいして、今回の民間検査機関は¥20、000だった)
しかも、確認がすめば、確認書の副本を宅急便で送ってくれる。
交通費や時間をかんがえれば、民間の審査機関のほうが安いだろう。

 9月のはじめ、建築確認申請書と図面1式、それに関係書類を、<富士建築コンサルティング>という民間の検査機関にだした。
2007年の基準法の改正により、書類の訂正が一切できなくなてしまった。
そのため、多くの検査機関は、事前審査制をとっている。
事前審査で、完璧な(?)書類に訂正してから、受け付けるという手順になる。
今回も、1週間くらいの事前審査背をへて、9月15日に受付となった。

 建築は法律に適合していなければならない。
この敷地は、建坪率50%、容積率100%以内という規制がかかっている。
敷地の半分に建物を建てることが可能で、その2倍までの床面積をとっても良いというわけだ。
100uの敷地であれば、1階が50u、2階が50uの合計100uまでである。

 また、前面道路からは右図のような、道路斜線制限がたちあがっている。
道路の反対側の境界から、1:1.25で立ち上がる斜線から、建物は突出できない。
右の図でいえば、赤い斜線から突出できないのだ。

 この敷地は、道路との段差が3メートルもあるので、これでは2階建ても建築できない。
こうした場合には緩和規定があって、(段差−1 )/2 を道路の高さとして、扱って良いのだ。
これを使うと、(3−1)/2=1となって、道路面より1メートル上がったところを、道路面と見なすことになる。
右の図の、道路から1メートルあがった点線が、道路面となるのだ。

 これでいくらか高さを稼げることになった。
しかし、それでもまだ5メートルやっとだろう。
今回の計画は、道路境界から敷地内方向に建物を戻す予定だった。
すると、ここでまた別の緩和規制が使えることになる。

 道路境界から自分が戻った距離だけ、反対側の道路境界から向こうへいった点を、道路境界として扱って良いという緩和規制がある。
2つの緩和規制を使うと、黒い点線まで空間が使えるようになり、青い部分が建築可能になる。
これなら普通の2階建てにしても、大丈夫である。

 敷地にかかる斜線規制は、もう一つ北側斜線制限がある。
北に面する道路境界や隣地境界で、 5 メートル上がった高さから始まる、真北方向から1:0.6 の勾配でのぼる斜線から突出できないのだ。
この敷地では、道路と西側の敷地が、北に面している。
道路が北側にある場合には、道路中心線で測ればよいことになっている。
そのため、道路に関しては、大きな余裕があった。

 西側隣地のとの関係は、なかなか厳しく、最初の計画より少し下げざるを得なかった。
なるべく高さを稼ぎたいと、計画は5センチ内とギリギリで進めた。
あまりギリギリにすると、施工誤差によって突出する恐れがあるので、どのくらいにするか難しいところだ。
建築に関する法律を何とかクリアーしながら、建築計画をまとめて確認申請を提出した。

 
 確認申請をだす前の話である。
ある時、ふっと敷地の写真を見た。
下の写真のように敷地の両隣は、建て売り住宅がすでに建っている。
すると、隣地の擁壁の上には、フェンスがあるではないか。

中央の白い矢印の先が敷地

 前面道路の斜線制限については、緩和規定を使うと、フェンスができなくなるはずなのだ。
ひょっとして緩和規定を使っていないのだろうか。
そう言えば、何となく建物の高さも低い感じがする。

 この自治体では、緩和規定を使わせないのだろうか?
特別の条例でもできたのか?
でも、事前調査の時には、何とも言っていなかったな。

 ボクはちょっと焦った。
もし、緩和規定が使えないと、高さを大きく下げなければならなくなる。
えー! である。
法規集を確認しても、緩和規定があるし、この自治体には特別な条例はない。
大丈夫、間違っていないと安心する。

 建築基準法は、全国に適用される。
しかし、各自治体がそれぞれに条例を定めており、それを知らないとトンでもないことになる。
そのため、建築計画を始める前に、自治体には事前調査にいく。
今回も、緩和規定、擁壁と地下駐車場の扱いなど、自治体に行って調べた。
だから、間違いはないはずである。

 厳しい予算もさることながら、法律に違反したら、建物自体が建たなくなってしまう。
両隣の建て売りは、緩和規定を使わなかったか、完成後にフェンスをたてたのだろう,、と思うことにした。
そして、計画のまま確認申請をだしたのである。

 9月になっても、あいかわらず定例の打合せは続いている。
毎週木曜日の夕方、さんたちと喫茶店でいろいろと話をしている。
すでに4ヶ月近く練っているので、さすがに大きな変更はない。
しかし、仕上げ材に関しては、まだまだ疑問や質問がでる。

 サイディングといっても、ピンからキリまで無数にある。
予算を横目で見ながら、気に入ったサイディングを選びたいのは当然である。
カタログを手に話は進むが、やはり実物の質感はわからない。
ショールームなども利用してもらうが、ショールームはメーカーのPRの場所である。
当然のことながら、メーカーは自社の製品をすすめる。
なかなか中立的な目で選ぶのは難しいものだ。

 ショールームだけではなく、なるべくサンプルをとるようにしている。
こういうときには、設計事務所を大いに利用すべきだ。
設計事務所が注文すれば、メーカーは300×300くらいのカットサンプルを簡単に送ってくれる。

 衛生機器のカタログなど、メーカーは設備業者より設計事務所のほうへ、先に送ってくるくらいだ。
ボクのところようなヘボ設計事務所でも、長年つちかったノウハウや情報は相当なものがある。
しかもボクの事務所は、工務店やメーカーのヒモ付きではない。
建築主は設計料を払っているのだから、おおいに設計事務所を利用すべきだ。

 建築確認は9月28日に交付されたので、そのコピーをさんと銀行におくった。
 
 (2009.10.5)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る