サーファー プロジェクト      建築用語集
No.00 問い合わせがあった No.01 敷地の状況 No.02 設計依頼と試案提示 No.03 試案の提示−その2
No.04 定例の打合せ No.05 天井と室内仕上げ No.06 仕上げ、地盤 No.07 地盤と基礎
No.08 床下の話 No.09 無垢材か集成材か No.10 建築確認申請 No.11 見積と施工者
No.12 請負契約と銀行 No.13 着工した No.14 プレカット No.15 根切り開始
No.16 コンクリート打設 No.17 基礎とヘルスコート No.18 上棟前の仕事 No.19 上棟した
No.20 屋根と筋違 No.21 中間検査 No.22 現場の年納め No.23 新年を迎えて
No.24 細かいところ−T No.25 細かいところ−U No.26 細かいところ−V No.27 細かいところ−W
No.28 階段と屋根際 No.29 建て主の参加 No.30 ほぼ完成 No.31 最後の仕事
No.32 引渡し No.33 6ヶ月点検
建築主さんのブログ<junjun>へ

大工道具・電動工具やインテリア洋品を探すなら TAKUMI Amazon
TAKUMI Amazonから、タクミ商店に使えそうな道具を集めてみました。

No.05 天井と室内の仕上げ材

 ふつうの住宅では、2階にも天井が張られているので、小屋裏つまり屋根の裏の構造材は見えない。
この家では、1階の天井は張ろうとおもう。しかし、2階の天井はどうしよう?
ロフトが欲しいという希望がでていた。
どうもロフトとの関係で、天井はないほうが良いように感じる。
2階建ての2階は暑いし、天井を張らなければ、屋根裏が天井になるから、ずっと高い天井になる。
屋根裏部分の模型。右の白い部分はロフト。
天井を張らないと、下から垂木が見える。

 天井を張らないと、天井の施工費が省けて、安くなると感じるかも知れないが、必ずしも安くはならない。
屋根裏を鉋で削って、化粧仕上げになければならない。
また、電線なども隠さなければならなくなる。
天井を張ったほうが仕事が楽になるので、大工たちは化粧で屋根裏を見せることを嫌うことが多い。
天井を止めても、施工費が安くなるとは限らない。
施工費とは関係なく、天井を張らないでいこう、と思う。

 2階が一部屋だから、天井がないほうが気持ちいいんじゃないか。
そう考えて、屋根部分の模型を作ってみた。
(木部=垂木は中央のみつくって、両側は省略している)
この模型は室内から見上げた部分を見せなければならない。
ボール紙のうえにつくっても、下から見えない。
そこで透明のアクリル板のうえに模型を置いてみた。
右下の写真のように、室内から垂木が見えるわけだ。
母屋の間隔をどうするか、ボクは迷っている。

 ふつうは母屋は900間隔でいれ、垂木は39×39程度の材料を使う。
それだとゴチャゴチャしすぎる。
垂木も母屋も見えるのだから、スッキリとさせたい。
背のたかい垂木を使って、母屋を省略しようか。
模型では左側中央に、1本入っているが、これをなくせないか、と悩むところだ。
模型は叩き台だから、このままでさんたちに見せてみよう。
そして、彼等の意見を聞こう。

 天井が高いことは、とても良いとさんたちはいう。
垂木や屋根裏が見えることは、まったく問題ないらしい。
むしろ、山小屋風に垂木を表しても、おもしろいという。
しかし、垂木のありだに断熱材を入れるので、山小屋風にはならないというと、ちょっと残念そうである。
断熱材を隠すために、垂木に仕上げ材を張り上げようかとも考えているが、まだ未定である。

 が見えるなら、そこからブランコが吊せると笑う。
予算との絡みもあるから、もう少し時間をかけて練っていこうということになった。


 室内の仕上げ材の話になる。
仕上げ材は、単価×面積で決まってしまうので、予算優先になりやすく、設計者の手の届かないことが多い。
しかし、仕上げ材は部屋の雰囲気を大きく左右する。
なんとか悪戦苦闘しよう。

 まず床材である。
比較的安価な材料は、パイン、カバ桜、杉といったあたりだろうか。
パインや杉でも、節なしはもちろん高価だから、節がたくさんあるものだ。
それでも肌触りは良いし、木の香りはつよく、無垢材の良さがある。

 床材は工務店ルートより、インターネットで捜したほうが安い。
インターネットで何社か捜し、いくつかサンプルをとる。
塗装してある物、無塗装の物と、さんたちのまえに6種類くらいの板の切れ端を並べる。
さんは目をつぶって、木の肌を触っている。

杉床材の貼り上がり

 柔らかいので、杉の無塗装物がいいという。
杉特有の香りがある。
しかし、杉は赤白が混じると説明するが、それはかまわないとのこと。
右の写真のような貼り上がりになると説明する。
節が気に入ったようだ。

 板部分は約70平米で、¥4250×70で、¥297、500−。それに張り手間が若干かかる。
汚れるのを承知で、無塗装物をえらぶ。
床材は杉の無塗装物が、いまのところ第一候補になる。 

 トイレや厨房など水回りの床は、耐水性の素材にしたい。
とくにトイレは、男たちが便器の廻りにこぼすので、水ぶきできる素材がいい。
板材はシミになってしまい、好ましい材料ではない。
CFシートと呼ばれるビニールシートだろうか。

 1階の壁は、クロスがNGなので、仕上げ表には下地石膏ボードと書かれたまま、しばらく考慮中である。
珪藻土は¥4000/uくらいする。
壁は面積が広いので、大きな金額になってしまう。
頭が痛い。

 1階の天井は、厨房部分は防火仕様が要求されるので、仕上げが限られる。
石膏ボードに模様をつけたジプトーンが使えると、安く上がるのだが……。
ジプトーンは虫食い模様の白いボードで、多くは事務所の天井などに使われている。
しかし、ボクはジプトーンに塗装して、和室にも使ってきた。
はたしてさんたちは、気に入ってくれるだろうか。

 厨房の天井は、防火上必ず張らなければならないが、居間部分は必ずしも張る必要はない。
2階の床の裏を、そのまま見せても良い。
しかし、2階の根太を省いてしまう根太レス工法をつかうと、2階の床板が太鼓になって、音が響きやすい。
それに照明との絡みもあるので、やっぱり張ったほうが良いだろう、と思う。
それでは何を張るのだ?
考え中である。

 2階の床は杉材を張るとして、問題は壁である。
クロス並みの値段の材料は、そう簡単には見つからない。
仕上げ表には下地石膏ボードと書いたが、仕上げ材が書けない。
2階の壁は、建て主参加の塗装仕上げにしようか?
下地のパテシゴキまでは、本職にやってもらい、塗装だけさんたちにやって貰うのが良いだろうか。

 塗装は下地を作るのが大変なのだ。
だから、パテで平にする下地までは本職に任せ、塗るのだけセルフビルドするのは可能である。
タイル張りは自分たちでやると言っていたが、塗装にも挑戦してくれるだろうか。

(2009.09.06)

次へ
〈タクミホームズ〉のトップへ戻る